選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

青汁の様々な効果

青汁は優秀な健康食品です!

現代日本では、『食の欧米化』による栄養バランスの乱れや運動不足の傾向が高まり、生活習慣病患者、またはその予備軍が急増しています。 そんななかで注目されているのが健康食品です。健康食品は、日ごろの食生活で不足しがちな栄養分を補完する目的で、最近では老若男女を問わず、様々な人たちに愛用されています。 そして、特に人気を集めている健康食品として挙げられるのが『青汁』なのです。


青汁には、ケール・明日葉・大麦若葉など原材料によって栄養分や効能は若干異なります。詳細については『ケールの栄養素』『明日葉の栄養素』『大麦若葉の栄養素』で解説しているので参考にしてください。これらのポピュラーな原材料の他にも、さまざまな材料が使われ始めています。それぞれの症状や目的にあわせて自分にぴったりの青汁を見つけることがポイントとなるでしょう。


それでは、原材料ごとに青汁の効果を説明します。


●ケール
ケールはキャベツの原種とも言われている野菜です。日本ではあまり見かけない野菜ですが、青汁の原材料としては最もポピュラーな野菜として知られています。緑黄色野菜のなかでも特に栄養価が高く、食物繊維の高さやビタミン類の豊富さは特筆すべきものがあります。ケールを原材料として使っている青汁の効果としては、抗酸化作用によるアンチエイジング作用や食物繊維による便秘解消などが挙げられるでしょう。


●明日葉
明日葉はセリ科の植物で、日本にも自生しています。特筆すべきはその生命力です。「今日摘んでも、明日には芽が出る」と言われるほどで、その生命力は豊富な成分にも表れています。ポリフェノールという成分も含まれており、生活習慣病の改善にも効果を発揮します。具体的には、血圧を低下させる効果などが挙げられます。セルライト解消などの美容・ダイエット効果も期待できることから、若い世代の女性を中心に人気の原材料です。


この他にも青汁にはさまざまな効果が期待できます。『青汁の健康効果』・『青汁の美容効果』でも解説しているので、ぜひご覧ください。