選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

明日葉の栄養素

注目の原材料『明日葉』

青汁の様々な効果」でも簡単に説明していますが、明日葉はセリ科の植物で、非常に栄養価が高いことから様々な効能が期待されている注目の原材料です。また、ケールに次いでメジャーな青汁の原材料でもあります。


そもそも明日葉の名前の由来は「今日摘んでも、明日には葉をつける」というもので、その生命力の高さを窺い知ることができます。含有成分としては、

・ビタミン各種(特にビタミンEが豊富)
・β-カロテン
・ミネラル類
・食物繊維
・タンパク質
・カルコン
・クマリン

などが挙げられます。
このうち、カルコンは明日葉の特有成分ともいわれており、高い美容効果が注目されています。カルコンはポリフェノールの一種で『ケールの栄養素』でも触れている抗酸化作用を持っています。その他にも、抗炎症作用や抗菌作用なども魅力的です。

さらに明日葉に含まれているβ-カロテンは、ガンをはじめとするウイルスへの抵抗力を高める効果が期待されています。くわえてカリウムはナトリウムの排出を促す効果もあるので、高血圧の症状をおさえて正常値に戻す働きも持っています。


そもそも、青汁は健康食品ですから継続して服用し続けることが肝要となります。また、継続して服用するためには『味』も重要な要素になるでしょう。青汁を選ぶときは、目的に応じて商品ごとの成分を吟味することも重要ですが、一方で味にも注意して選ぶべきです。


そして明日葉の特徴として挙げられるのが『味』なのです。青汁といえばマズイというイメージがある方がほとんどでしょうが、それは一昔まえまでのケールを原材料とした青汁に限ってのことです。明日葉から作られた青汁は、苦味も少なくジュースのような感覚で飲めるのでお子様からお年寄りにまで幅広く愛飲されています。明日葉の青汁なら無理なく毎日継続して飲むことができるでしょう。


以上のように、明日葉の効能は多岐にわたり、またそれぞれの効果は高いと考えられています。それゆえに人気も高く、市場にも多く商品が登場しているのです。もちろん明日葉の青汁にも様々な商品がありますから『青汁の選び方』を参考にして、自分にぴったりの青汁を選びましょう。