選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

ケールの栄養素

もっともポピュラーな原材料『ケール』

青汁の原材料としてもっともポピュラーな原材料『ケール』はキャベツの原種の緑黄色野菜です。(『青汁の様々な効果』でも簡単に触れています)緑黄色野菜のなかでも栄養価の高さは特筆すべきものがあり、さまざまな効果を期待することができます。


ケールは日本では知名度が低いかもしれませんが、ヨーロッパをはじめとする海外では家庭でも使われている野菜です。また、通年栽培できることから生産性が高く価格帯も安価で済むのが魅力のひとつです。


豊富に含まれている成分としては、下記のような栄養素が挙げられます。

・ビタミンC
・ビタミンE
・ビタミンK
・カルシウム
・クロロフィル
・食物繊維
・葉酸
・ルテイン

このようにケールに含まれている有効成分は、非常に多岐にわたるのですが、このなかでも特に注目したい栄養素として「ルテイン」が挙げられます。

「ルテイン」はカロテノイドと呼ばれている色素の一種であり、抗酸化作用を持っていることが特徴です。


抗酸化作用とは一体なんでしょうか?そもそも人間の身体は酸素がないと活動することはできません。しかし、この酸素の一部は体内で変形し活性酸素になってしまことがあります。この活性酸素が発生する原因はストレスや生活習慣の乱れといわれていますが、結果として、動脈硬化・肥満・老化などの症状を引き起こしてしまいます。

この活性酸素を防ぐのが抗酸化作用なのです。

つまり、ケールに含まれているルテインはこれらの症状を予防・改善する効果があるというわけです。


先述したように、ビタミンやカルシウムなどの基本的な栄養素も豊富に含まれており、とくにビタミンA・ビタミンC・カルシウムの含有量については高く評価されています。ビタミンCは、美容効果も高いため若い女性からの人気の背景にもなっています。


ケール由来の青汁は独特の苦みがデメリットとして挙げられますが、最近では改善されている商品も登場しています。(あわせて青汁の正しい飲み方を参考にしてください。)