選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

青汁の正しい飲み方

青汁服用にルールはあるのか?

青汁の美容効果」や「青汁の健康効果」でも紹介している通り、青汁は様々な症状に予防・改善効果を発揮する非常に有用性の高い健康食品です。


とはいえ、あくまで健康食品ですから薬局で購入したり、病院で処方されるような医薬品のような即効性はありません。普段の食生活で不足しがちな成分や摂取が難しい栄養を補うために服用するのが健康食品ですから、一定期間以上の継続的な使用が必要不可欠です。


継続的な服用のためには、「青汁の選び方」で解説しているように味・タイプなどから青汁を選ぶことがポイントとなってきますが、実際に服用する際にはどのような点に注意すればいいのでしょうか?


まず第一に、説明書やパッケージに記載されている服用方法と服用量は必ず守るようにしましょう。原材料による違いはありますが、過剰な摂取を続けてしまうと結果的に下痢や便秘などお腹をこわす原因になることもあります。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしというところです。


しかし、基本的に青汁には正しい飲み方というものはありません。粉末タイプなら冷たい水や牛乳などで溶かして飲んだり、きなこ等の甘いものを混ぜてもいいでしょう。お菓子などを作るときに練りこんだりするレシピもあるほどですから、継続して摂取するためにも美味しいレシピを考えるのも青汁の楽しみ方の一つかもしれません。


ただし、青汁に含まれるビタミンCは熱に弱いという欠点があります。ビタミンCはアンチエイジングなどの美容効果にも大きく貢献する有用性の高い成分ですから、できるだけ青汁を熱することは避けた方がいいでしょう。


青汁は子どもでも年配の方でも青汁は服用可能です。ただし子どもが大人と同じ量を服用するべきではないという意見もあるため、様子を見ながら摂取するようにするのが無難かもしれません。また、腎臓病を患うと処方されるワーファリンを服用している方は青汁と並行して摂取するのは避けましょう。ワーファリンの効果を青汁のビタミンKが壊してしまう可能性が指摘されています。