選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

中高年に青汁!

青汁はガン予防に効果的

中高年に差し掛かると、加齢とともに感じる体力の衰えや、様々な健康不安が気に掛かるようになります。
特に、日本人の過半数の死因であるという「生活習慣病」、未だ死亡率の高い「ガン」に関しては
予防を心がけている方も多いのではないでしょうか。


生活習慣病とは、生活習慣の乱れが積み重なることによって発症する病気の事です。
「心臓病」「高血圧」「脂質異常症」「肥満」「糖尿病」「脳卒中」などがあり、 発症すると命に係わる恐れがあります。

生活習慣の乱れとは具体的に以下のようなものを指します。


・バランスの悪い食生活(肉中心・ジャンクフードの摂取・野菜不足)
・喫煙
・飲酒
・不規則な生活
・ストレス
・運動不足


簡単に言ってしまえば、「不健康な生活」です。


しかし、これらの生活習慣病は、生活習慣を改善すれば予防することが十分に可能です。
青汁は、生活習慣改善に役立つ健康食品とされています。
現代人は、忙しさからついつい食事を手軽に済ませ、慢性的な野菜不足に陥りがちです。
不足している野菜の栄養分を青汁で手軽に素早く補うことで、栄養バランスを改善することが可能なのです。


あくまでも青汁は食生活を改善する補助的な役割を担うものです。
青汁を飲んでいるから野菜は食べなくても大丈夫、ということにはなりませんので、 しっかり野菜を食べることを心掛けながら、それでも足りない栄養素を青汁で補うようにしましょう。


また、ストレスは不規則な生活の原因となることもあります。
ストレスに有効なビタミンB群を青汁で補うことで、ストレスが軽減され、不規則な生活の改善も期待できます。


身体に十分な栄養が行き渡ると、体調や気分が良くなり、自然と身体を動かそうという気持ちも湧いてきます。 ご自身の生活習慣に不安がある方は、青汁で健康的な生活を始めてみるのも良いでしょう。

こちらのサイトの青汁のメリットデメリットのページも、とても参考になります。

さらに、生活習慣の改善が、ガンの予防にも高い効果を発揮することが分っています。
ビタミン類には、ガンなどの生活習慣病発症の一因ともされている「活性酸素」を抑制する作用があるといわれています。
青汁には豊富なビタミン類が含まれていますので、病気予防の心強い助けとなるでしょう。(青汁の効果に関しては、「青汁の様々な効果」「青汁の健康効果」もご覧ください。)
中高年の方には、大豆に含まれるイソフラボンも試してみてほしいです。
イソフラボンには悪玉コレステロールを取り除く効果があるので、心臓病や脳卒中のリスクを減らしてくれます。
大豆から摂るのは難しい方には、サプリメントもあるのでおすすめです。