選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

青汁の副作用?

結論から言えば・・・副作用はありません

副作用というのは、基本的に「医薬品による望ましくない効果」を指します。
青汁は医薬品ではなく健康食品です。結論から言って副作用はありません。


しかし、青汁には非常に豊富な栄養素が含まれています。
それ故に、青汁に含まれる栄養素が人によっては負担になる場合があります。
特定の病気のある人や体質によっては摂取を控えたほうが良いとされています。


心臓病や血液に疾患がある方は青汁の飲用を避けたほうが良い場合があります。
心臓病や血液などに疾患のある方は、ワーファリンという薬を処方されることがあるのですが、 このワーファリンと青汁は相性が悪く、返って健康を損ねる可能性があります。
ちなみに、現在はジェネリック医薬品で処方されることも多いので、お薬名がワーファリンとなっていない場合もあります。 何かしらの疾患をお持ちの方は、必ず医師に相談するようにしましょう。


他には腎臓に疾患のある方も要注意です。
青汁はミネラル豊富な健康食品ですので、カリウムが多く含まれているものもあります。
カリウムは本来身体に必要な物なのですが、腎臓に疾患がある方が青汁を摂取した場合、
カリウムを正常に排出できず「高カリウム血症」という病気になってしまう可能性があります。


病院に通っていてお薬を処方されている場合、また、健康面での不安がある場合は必ず医師に確認を取るようにしましょう。


「青汁の正しい飲み方」でもご紹介していますが、 一日の摂取量を守って摂取することも大切です。
早く健康効果を実感したいからと言って、適正量以上に摂取してしまうと 「便秘・下痢・吐き気」などを引き起こす可能性があります。
一日の適性摂取量は商品によって異なります。
パッケージや商品ページなどに記載がありますので、必ず確認しましょう。


また、青汁には野菜を中心に様々な食品が使用されていますので、購入前にそれぞれの商品の原材料を確認して ご自身がアレルギーを持っている食品が含まれていないか注意しておくと良いでしょう。