選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

美味しい青汁は長く楽に続けられる

「まずーい」って言って、顔をしかめて青汁を飲んでいるコマーシャルを見たことがありませんか。
私はそのコマーシャルを初めて見たとき、びっくりしました。
まずいのにどうして飲むのだろうって。
確かに「良薬口に苦し」と言いますよね。
でも、青汁は薬でしょうか。
でも、誤解しないでください。
あのコマーシャルを批判しているわけではないのです。

そうすることに反対するというわけではなく、そうしたい人はそうすればいいと思います。
ただ、健康のために毎日、まずいものを飲まなければならないとしたら、私には無理だということなのです。

これは私だけのケースかも知れませんが、私はこれまで、余り気が乗らないことをやり始めて、続いたことがありません。
どうしても長く続かないのです。
これは私の性格から来るものかもしれませんが、やはり、無理というのは続かないのだと思います。

でも、そんな私ですが、不規則で、外食ばかりが続いた食生活がたたって、体調が悪くなることが多くなり、最終的にはある病気にかかってしまいました。
かかりつけの医者が言うには、一番大きな原因は食生活だろうということでした。
こればかりは、医者にはどうすることもできず、とりあえずはバランスの良い食事を毎食摂るように勧められました。

特に、野菜を大量に食べるように言われました。
確かに、野菜なんか大嫌いで、ほとんど摂っていません。
と言っても、毎日の長時間労働で外食しかできず、そんなことは簡単にはできません。
でもこのまま行くと、さらに悪くなると医者には脅かされるので、色々と人に聞いたりしたところ、同じような問題で困っていた会社の同僚が、青汁を飲んで良くなったと教えてくれました。
そこで早速、私も飲むことに決めたのでした。

最初は、その同僚が飲んでいる、例のコマーシャルの青汁を私も試して見ました。
初めて飲んだとき、本当にまずく、うえっと、思わず声が出たほどです。
同僚は、初めはまずいけど、すぐ慣れて平気になるし、健康に良いからある程度は我慢しなければと言っていました。

確かにそうだなと私も思い、しばらく飲んでみようと思いました。
最初は、便通が驚くほど良くなり、心なしか体が軽くなったように感じました。
体が軽くなったと感じたのは、頑固な便秘が治ったからかもしれませんが。
この便秘が治っただけでも、無理して飲んでいる甲斐があったと思いました。
でも、飲み続けて2週間、3週間と続くうちに次第に嫌になり、1ヶ月を過ぎる頃には見るのも嫌になりました。

毎日毎日、飲み続けていくうちに、あの独特な匂いと後味の悪さに耐え切れなくなったのです。
それで、一時、飲むのをやめたのですが、そうするとすぐに便秘に戻り、あんなに軽かった身体も次第に重く、また体調が悪くなってしまいました。
これではやめるにやめられないなと、正直悩みました。
他にサプリメントや黒酢など、いろいろ試しては見たものの、大きな効果があるものはありませんでした。

そんな時、ある自然食品店で青汁のサンプルを薦められました。
私はもううんざりしていたので断ったのですが、だまされたと思って飲んでみてくださいと言われ、いやいや飲んでみたところ、これが美味しかったのです。
臭みも後味の悪さもありません。
青汁にもいろいろと種類があったのですね。

私はどんなメーカーのものでも同じようなものだと思っていました。
そこで早速、このメーカーのものを飲み始めましたが、やはり無理なくのめるので、以来ずっと飲んで半年以上になります。

お陰で体調はすこぶる良いです。
結局、美味しいと感じる青汁を飲めば、無理なく続けられ、健康にも良いということです。