選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

青汁で肌の調子が良くなりました

青汁を飲むようになってから、肌の調子が良くなりました。
肌の調子が良いと、気分が軽くなります。

今まではネガティブな思考ばかりしていましたが、ポジティブに考えられるようになりました。
私は、敏感肌と乾燥肌の性質を持っているため、いつもお肌が荒れていました。
評判の基礎化粧品を試してみるのですが、私にはどの基礎化粧品も合わないことが多くて、何を使ったら良いのかわかりませんでした。

低刺激や敏感肌用と書いていても、私にはどれも合わないのです。
友達に、もっとお手入れをしたほうがいいよと言われて、とても傷つきました。
手入れをしていないのではなくて、手入れするとかぶれてしまうのです。
肌をきれいにしようとしているのに、自分に合った手入れをすることができなかったのです。
特に、季節の変わり目は悲惨でした。

顔が痒くなって、カサカサしてしまうのです。
一年を通してメイクのりが良くないのですが、花粉の時期にはメイクのりがさらに悪くなりました。

鼻や目だけではなくて、肌も花粉に反応しているようでした。
いわゆる不安定肌なのだと、あきらめるようになっていました。
そんな時に出会ったのが青汁だったのです。
青汁に出会うまでは、肌の表面をケアすることばかり考えていました。
肌の表面に水分が足りないとか、栄養が足りないと考えていたのです。
体の内側から美肌ケアをすることについて、一度も考えたことがありませんでした。
青汁は、体の内側から美肌を作り上げます。
目から鱗が落ちるとは、まさにこのことです。

あの時、飲み始めて本当に良かったと思います。
青汁は、苦いというイメージがありました。
でも、飲んでみると、意外にも好みの味でした。
抹茶のような風味で、飲みやすいと感じました。
抹茶味のスイーツが大好きな私にとっては、ラッキーなことでした。
飲まず嫌いだったようです。
青汁は、私の大好物になりました。
だから、毎日続けることが辛いと思ったことは、一度もありません。
そのかわり、ジュースを飲む機会が減りました。

健康に良い飲み物のほうが、おいしいと感じるようになっていったのです。
毎日飲むうちに、なんだか肌の調子が良くなったきたように感じました。
まず、吹き出物ができなくなりました。
以前は、乾燥しているのに、表面だけは油っぽいので、吹き出物ができていたのです。
乾燥しているのに油っぽいのは、お肌のケアが難しい状態です。
乾燥対策とニキビ対策のどちらを行えばいいのか、非常に悩むところでした。

でも、知らない間に吹き出物ができなくなっていました。
そう言えば、以前よりも乾燥がひどくなくなっていました。
少しずつ乾燥肌が改善されていったので、メイクのりの悩みも改善していったのです。
メイクのりが良くて嬉しいと感じる日が、少しずつ増えていきました。
低刺激の基礎化粧品なら、かぶれることもなくなりました。
最初は、青汁がここまで効くとは思っていませんでした。
でも、ほかに思い当たるものはありませんでした。

新しく始めた事と言えば、これしかなかったのです。
体の内側からケアをすることが、こんなに大切だとは思いませんでした。
実は、お肌のケアにはプラセンタも使っています。
プラセンタの美容効果はすばらしいもので、青汁とセットで使っているのでお肌はつるつるです。
もっときれいになりたいので、これからも飲み続けるつもりです。