選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

体調不良を解消してくれる青汁

日頃の食事だけでは十分に補い切れない栄養素を効率的に摂取できる健康食品として幅広い年齢層から支持されているのが「青汁」です。
そして、その「青汁」の主原料として馴染み深いのが「大麦若葉」です。
「大麦若葉」が主原料の「青汁」は、苦みが無く、抹茶風味の味わいが特徴的なので、単純に水に溶かして飲むだけでも美味しく頂けますが、自由にアレンジを加えて摂取することも十分に可能です。

中でも、山本漢方製薬と永谷園から販売されている「大麦若葉」が主原料の「青汁」は、実際に試してみた中で、非常に美味しいと感じた商品です。

どちらも非常にきめ細やかな粉末タイプで、水や牛乳にしっかり溶け込みますので、のど越しが良く、飽きの来ない味わいが特徴的です。

また、何と言っても、実際に摂取して最も効果的だったのが、便秘の解消です。

「大麦若葉」は、食物繊維が豊富で、消化作用を促進させる効能をもたらしてくれますが、その効能を最大限に引き出すには、食事が済んだら、あまり間を空けずに摂取することが大事です。
あくまでも、「大麦若葉」は、食事をサポートする健康補助食品なので、継続的に摂取し続けることで、長く安定的に健康を維持できます。

更に、「大麦若葉」は、医薬品とは異なり、副作用の心配はありませんので、安心して摂取できる点も非常に好都合です。

これまで慢性的な便秘に悩まされている人、もしくは、一時的に便秘症に陥ったことがある人であれば、「大麦若葉」が配合された「青汁」を摂取することで、体に負担を掛けることなく、便秘解消の高い効き目を実感できます。

このように、「大麦若葉」は、栄養補給と体調改善の両方を同時に満たしてくれます。
山本漢方製薬と永谷園から販売されている「青汁」は、水に溶かして飲むだけでも十分に効能を得られますが、更に美味しく頂く工夫を加えることで、より効果的な健康管理を施すことができるようになります。

普段から実際に試しているのは、牛乳や豆乳に溶かして飲む方法です。
具体的には、成分調整されたものを使用します。
低脂肪乳や成分無調整のものを使用すると、コクが無く、味気無さが強く感じられてしまいますので、美味しく頂くことができません。

更に、もっと美味しく頂く方法として試しているのが、牛乳や豆乳に対して、きな粉、擦り胡麻、蜂蜜を加えることです。

きな粉に関しては、加え過ぎると、全体的に粉っぽくなりますので、やや控え目に加えます。

擦り胡麻に関しては、白胡麻よりも黒胡麻の方が、油分が少な目で、香ばしさを強く感じられますので、市販の擦り黒胡麻か、自分で黒胡麻を擦ったものを加えます。
蜂蜜に関しては、癖が無く、繊細な甘みが特徴的なアカシアの蜂蜜を加えます。

これらを実際に混ぜ合わせる際には、シェイカーを用意して、しっかり泡立てたものを飲むようにすると、非常にコクと深みのある味わいを楽しむことができます。
食後以外で、効率的に摂取する方法として、小腹が空いた時に、空腹を満たす役割を果たしてくれる食べ物の摂取に焦点を当てます。

具体的には、ホットケーキの具材として加える方法があります。
牛乳(もしくは豆乳)、卵、きな粉、擦り胡麻、青汁を具材として混ぜ合わせた後、弱火でフランパンで焼くと、香ばしくて食べ応えのある抹茶風味のホットケーキに仕上がります。
こうすることで、空腹と栄養補給の両方を同時に満たすことができます。