選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

青汁1杯だけでも栄養素を摂取できる

私はベジタリアンと言うこともありまして、野菜を食べることは好きです。
なので、野菜をドリンク状にした青汁も、実は大好きな飲み物だったりします。

私の知人の中には苦手な味だと言う人もいるのですが、私はそのまま野菜の味を堪能できるドリンクは、確かに甘くないものもありますが、それでも美味しく感じて、これが美容に効果があったり健康的なものだと感じますと、良いドリンクだと思ってしまいます。

ですが、さすがに沖縄で飲んだゴーヤのストレートの青汁は、あまりの苦さにスムーズにゴクゴクと飲むことが出来ませんでした。
沖縄で栽培されたゴーヤの味は、うわさでは聞いておりましたが、それでも何とか口にすることは出来るだろうと、ちょっと甘く考えておりましたが、やはり栄養たっぷり入ったゴーヤの味は最強でした。

なので、そのとき飲んでいたときは、なんとか苦さを緩和させていきたいと思い、そのような苦さを感じるものには蜂蜜を入れて、甘味を出して、飲みやすいように工夫をしていきました。

野菜が苦手で食べない人には青汁はお勧めしたいと思うのですが、その青汁の味も苦手だとしますと、工夫して飲みやすい味に変えてみると継続して飲むことが出来るかと思います。

たとえば先ほど述べましたように、蜂蜜を入れて混ぜて飲んだりしても良いですし、ほかにも、リンゴジュースやオレンジジュースなどを入れて飲んだりしますと、フルーツジュースのような味を出して飲むことも出来るようになります。

私は、このような方法のほかにも、牛乳を入れたり、豆乳を入れて飲んだりしております。
野菜は体には必要な栄養素が含まれておりますから、食べることが出来ない人は、せめて青汁で飲むことでも成分を摂取できるかと思います。

しかし、今では粉末状で販売されているものもありますし、ペースト状で販売されているものもあり、青野菜を集めてミキサーやジューサーでドリンク状に作る手間が省けて飲みやすくしてくれているものが出てきております。

ほかにも、どのような工夫をしても飲むことが出来ないと言う人のために、サプリメントでも販売されておりまして、今の世の中では、味が嫌いで食べられなかったり飲むことが出来なかったりしても、サプリメントで簡単に栄養を摂取できるようになってきておりますので、本当に便利な世の中になったものだと感じてしまいます。

外食が多い人ですと、野菜が不足しがちになりますし、食欲が無くて何も食べられない人にも、毎日1杯だけでも青汁を飲むことで、野菜の成分を摂取できるのです。

食物繊維も含まれているため、便秘に悩む人には最適なドリンクになるでしょうし、生活習慣の改善にも野菜は効果を発揮できると言われております。

そのほか忙しくて体が疲れて、その疲れがなかなか取れないと感じる人にも、青汁は免疫力をあげてくれる効果も含まれておりますので、疲れた気持ちを緩和させたいと思うには良いかと思われます。

食べるとなりますとちょっと疲れているときなどは辛く感じることがあっても、コップ1杯分を飲むだけでしたら、何とか飲み干すことは出来るかと思いますから、毎日継続して飲みながら栄養を摂取すると体に良いと思います。