選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

肌が調子よくなりました

25歳のころに初めて一人暮らしをすることになりました。
それまでは実家暮らしだったので母親が家事をしてくれました。
料理も作っていてくれたので私はそれをただ食べるだけでした。
なので自分がいざ一人暮らしをして、自炊をすることになって初めてその時食事のバランスを取る難しさを感じ、母親がどんなにバランスがいい食事を心がけていてくれたのかを知りました。
自分で自分の分だけ料理をするとやはり初めは自分の好きなものを好きな量だけ作って食べるのでどうしても偏った食事になってしまいました。

私は鶏肉が好きなので鶏肉の料理ばかりだったり、チーズが好きなのでチーズふんだんの料理ばかりでした。

野菜はもともと嫌いなほうではなかったので、サラダをかトマトを食べていました。
取りあえずトマトでも食べといたらいいかなって感じでした。
しかしやはり野菜不足なのかなって感じることが多くなりました。
まずはお通じが良くないって思いました。

もともと便秘気味ではなかったので、一日一回は出る感じでしたが出ない日がありました。
なので下っ腹が張ってすぐに便が溜まっているとわかりました。
そして一番野菜不足を感じれたのが体内から出てくるガスのにおいです。
においがあると腸内の状態が良くなく、悪玉菌だらけと聞いたことがあり一人暮らしをするようになってからガスのにおいが臭いと感じるようになりました。

このままではやばいと感じやっとどうにかしないといけないと思いました。
しかし、野菜を食べても必要量を毎日食べるとなると膨大でとても食べきれませんでした。
そして野菜ばかり買うお金もありませんでした。

そんな時に気になったのがテレビで紹介されていた青汁です。
青汁のCMとかはよくしていたので青汁自体は知っていましたが、興味が持てなかったです。
それはたぶんその時必要性を感じなかったからだと思います。
でも今野菜不足を感じている時なので目がぐいぐいいきました。
そのテレビでは健康維持のため夫婦で飲んでいるというものでした。
病気をきっかけに健康のありがたみを感じ、野菜を極力摂取しようということで青汁を飲み始めたというものでした。

ペットボトルに青汁を入れていつでもどこでも気軽に飲めるということでした。
その手軽さと飲みやすいという話から一度他飲んでみようと思って買ってみることにしました。
まず飲んでみて思ったのが思った以上に飲みやすいということでした。

青汁は葉っぱを使ったものだから苦いというイメージが強かったのですが、私はその中でも苦みの少ない大麦若葉を選んだということもあり非常にゴクゴクいける味でした。
飲み始めるとお通じが一日二回くらいでるようになってたまに下っ腹が張る感じがあったのですがそれがなくなりました。

さらに、ニキビが出やすい体質でしたがニキビがほとんどできなくなりました。
他にしていたこともなかったので青汁の効果だとわかりました。
そしてガスのにおいもすごくマシになりました。

なので腸内の環境も良くなっていると思いました。
食物繊維の豊富さがその理由だと感じました。
一日一杯を飲むようにしていますが一杯分五〇円もしないのでお財布にも優しくて続けやすい一因でもあります。
他にも、青汁以外にお勧めしたい美容サプリがあります。
それは、成長因子という豊富な栄養素を含んだプラセンタです。
プラセンタは内側から肌をキレイにするのに必要なアイテムです。
サプリメント、ドリンク、注射などの種類があるので自分に合った方法を見つけられます。

なのでこれからも私の食事には欠かせないものです。