選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

続けて飲めるような商品選び

青汁が健康に良いというのは、最近ではかなり知られた情報となりましたし、健康食品の中でも比較的習慣づけて摂取することのできるものだと思います。

しかし、私のようにもともと青野菜が苦手で、サラダなどにも比較的癖のない野菜を選んで食べているようなタイプでは、青汁を日常的に飲むなんて難しいのではないかと思っていました。

なぜなら、私の中のイメージでは、飲みにくいことを強調したコマーシャルや、罰ゲームで使われる飲み物という印象が強くありすぎて、試飲ができるチャンスさえも敬遠してきました。

しかし、年を取るごとに健康に気を付けたいという意識が強くなって、まずは食生活を改めようと考えた時に、日常の食事の中に緑黄色野菜があまりにも少ないことに気付いたのです。

もともと青物野菜が苦手という自意識ははありましたが、それを克服できる方法も見つからないまま長く過ごしてきてしまっていましたから、いまさら青汁というのも、少しハードルが高いかとも思いましたが、青汁も商品によっては、味はほとんど抹茶と変わらないものもあるという友人のアドバイスを受けて、再度青汁を飲むことを考え始めました。

まずは、サンプル請求をして、味を確認することが第一歩と考え、数社の原料の違う青汁のサンプルを取り寄せ、まずは自分が飲める範疇にあるものかどうかの確認をしました。

まずは、原料の味にくせのあるようなものは最初から敬遠することにし、体験談などをもとに、味により青臭さの少ないような商品選びに徹しました。

どんなに良い成分でも、飲みにくくては続けていけないと思ったからです。

中にはどうしても苦手なにおいや味の物もありましたが、先入観で拒んでいたのが勿体ないと思うぐらい飲みやすい商品も多くあり、私の中では、これだったら青野菜を我慢して大量に食べるよりもずっといいと思えるようになってきたのです。

最初は1か月分ずつを購入し、続けられるかどうかをためしためし飲み始めましたが、どんどん習慣化してくると、飲まないとなんだか物足りないぐらいになってきたのです。

子供の頃から苦手としてきた青臭いと感じる臭いさえも、すがすがしく感じ始め、どんどん癖のあるものでも飲めるようになってきました。

最初はどうしても続けられないようなら錠剤にしようかとも思っていましたが、全く問題なく飲み続けることが出来るようになると、よりお安く手に入れられる定期購入で購入するようになり、日常に必要なだけのビタミンやミネラルを青汁で摂取できるようになりました。

健康維持に役立っているという実感としては、まず一番最初に実感したのは、なんといっても便通の良さです。

食物繊維というのは、わかりやすく繊維質の食物から摂る物と目には見えない水溶性の食物繊維との両方を摂るのが大事だと聞いてはいましたが、飲み続けるにつれ、確実にお通じが良くなることにより、より現実味を増しました。

更に、腸内環境が良くなることにより、肌がきれいになり、化粧のりが悪くなってきていた肌質の改善にも役立っています。

どんどん、関連性の強いところから健康になっているのを日々確認している毎日です。
飲めるようになってよかった、飲める商品に出会えてよかったと思っています。