選び方が分かる青汁体験談+ランキング

青汁を選ぶうえで欠かせないポイントを丁寧に説明したサイトです。

画像
大
中
小

画像

青汁と言えば病気予防や健康維持・促進効果が注目されていますが、
最近では美容やアンチエイジングへ高い効き目を発揮することも分ってきました。 美容にもバランスの取れた栄養は欠かせないもの。

不足しがちな栄養が摂れる青汁は、実は美容の強い味方なのです。

具体的にどのようにキレイをサポートしてくれるのか解説していきます。

美肌・美白に

青汁には非常に豊富なビタミン群が含まれています。
近年ではオゾン層の破壊が進み、地表に降り注ぐ紫外線量もどんどん増えてきていますよね。
日焼け止めや帽子などで防ごうとしても、完全に防ぐことが難しくなっています。
皆さんご存知のようにお肌にとって紫外線は大敵!

浴びてしまった紫外線によってメラニン色素が生成され、シミが出来たり日焼けしたりするわけですが、残念なお肌になってしまう事を防いでくれるのがビタミン類です。

中でもビタミンCは美白作用があるとしてポピュラーですよね。
ビタミンCは単体で摂取するよりも、ビタミンEなどと摂取したほうが効果的に働く性質があります。 青汁にはビタミン群がバランスよく含まれているので、身体の中でもより効率的に作用していきます。

画像

また、肌の生まれ変わりを促進する葉酸も摂取することができるので、
美白&美肌にはぴったりの健康食品なんです。

ちなみに、未だに日焼けした肌は健康的!なんて思っている方も少なくないのですが、日焼けは医学用語で言うと「日光皮膚炎」。
ヤケドなんです。
皮膚の細胞遺伝子が傷ついている状態で、健康にも良くありません。

環境破壊によって季節に関係なく多すぎる紫外線が降り注ぐようになった昨今、子どもでも大人でも日頃の紫外線対策は必須と言えるでしょう。
日焼け止めや衣類による体外からの予防&栄養摂取による体内からの予防を心がけましょう!

ダイエットに
画像

女性が男性に比べて脂肪を溜めこみやすい理由は様々ありますが、
やはり最大のポイントは基礎代謝の違いでしょう。

男性に比べて筋肉の量が劣る女性は基本的に代謝できるカロリー数が少ないのです。 青汁はそんな基礎代謝を向上させることが出来るというメリットがあります。

その背景にあるのは、血液をサラサラにする作用です。
食物繊維は血中のコレステロール値を抑制してくれる効果があるので、
ドロドロ血液をサラサラにしてくれます。
そして結果的に細胞の働きが効率化され、基礎代謝が向上するのです。

また、青汁の原材料によっては別の要因から基礎代謝を向上させることが可能です。
例えば-えがおの青汁-には発酵黒生姜が原料として使用されていますが、これは身体をぽかぽか状態にさせてくれる効果があります。 体温を向上させることによって基礎代謝もアップするわけ。

その為、ダイエットに対しての効能も一段と効果的と言えるわけです。
上手に活用して理想のプロポーションを手に入れましょう。